信用取引で空売りが出来る

高く売って安く買い戻す

株式投資のコツは安く買って高く売るということが常識として認識されています。信用取引を利用すると、自己資金の3倍近くの金額の投資枠が与えられ、その範囲で株式の売買を行えるようになります。さらに、信用取引では、信用買いという現物取引と同じ買い方と、信用売りという信用取引ならではの特殊な取引が可能になります。信用売りの取引は、通称で空売りと呼ばれており、現実には持っていない株式を売るところから取引が開始されます。 取引事例として、1株100円の銘柄を1000株空売りする取引を始めた場合は、1000株を証券会社から借りてきて、100円の株価の時に転売し、手元に1000株×100円の10万円のお金を手にする状態になります。借りてきた株はいつかは返さなければならないので、その株が90円の時に10万円のお金の中から9万円を支払い1000株買うと、証券会社に1000株を返還し、余った1万円が利益となるのです。 このように、空売りのセオリーは、株を高く売って安く買い戻すということになります。




投資の戦略が増え、株主優待がリスクなく受けられる

信用取引で空売りが出来るようになると、投資の戦略が増えることになります。例えば、業績が不透明な会社の株を空売りすると、その会社の株価が下がれば下がるほど利益が見込まれ、割高な株を空売りすると高い確率で利益が望めます。 また、空売りを利用することで、株主優待の権利をほぼリスクなく得られるというメリットもあります。株主優待は会社が設定している優待の権利日に株式を規定上保有していると、様々なサービスや商品がもらえる制度ですが、優待の権利日の翌日には高い確率で株価が下がるという傾向があります。もしも、株主優待の内容以上に、株価下落による損失が大きければ、株主優待を受ける意味がありません。 そうした株価下落リスクを抑えるために、株主優待権利のための現物株と同じ株数で空売りを仕掛けると、権利日翌日の下落分が利益となり、現物株の損失と相殺されながらも、優待の権利は確保することが出来るのです。 このように、信用取引の空売りには様々なメリットがあると言えます。