まずは重要、信用取引って何

初心者でも即出来る信用取引とは?

現物株式を購入する事を現物取引と呼びますが、担保となる保証金を入金しておけば取引が出来る投資術です。 100万の資金を口座に入金して現物取引をしても100万円分の取引しか出来ませんが、信用取引であればレバレッジ効果を約3倍まで利用でき、300万円分の取引が可能になります。買いだけでなく売りからも始められるので、下げの局面でも利益を上げる事が出来ます。但しお金を借りている状態と同じで、金利が発生しますので株の利益が金利を下回るようであれば注意が必要です。現物は下げ局面で買っても企業が倒産しない限り、長期的に株式を保有出来ますが信用取引は6ヶ月で清算しないといけないケース(無期限もあり)が多く短期決済が必要です。




信用取引のリスクを確認する!

信用取引では保証金以上の損失が出る可能性が高く、特に信用売りでは株価に上限がない為に損失が無限大に拡大します。金利以外にも逆日歩、名義変更料など固定の支払い項目があるので事前に証券会社に確認しておきます。 追証と呼ばれる資金以上の損失が確定した場合に追加で保証金を入金が必要になるリスクがあり、株価が乱高下する局面で追証が頻繁に起こるようでは、投資に集中出来ませんので、多めに保証金は入金しておきます。追証に応じる事が出来ないと強制的に決済され、利益が見込める局面を逃がしてしまう可能性があります。証券会社の損切りシステムを利用して、損失を最小限に食い止めるのも良いでしょう。長期投資向きではありませんが短期投資に挑戦したい方に向いています。