覚えておこう信用取引をする為の資格があります

信用取引にかかせない資格

中長期運用やデイトレードなどの株式の信用取引を始める前に、前提となる資格を持っていなくてはなりません。それは証券会社の証券取引口座を開くことです。信用取引は、現金や株式を担保に手元資金以上の売買ができる取引です。株価が上がる買いの取引や逆の相場の下落局面から利益を上げる売りの取引が可能です。 こうした売買のために信用取引口座を開設する必要があります、ただし各信用取引業者には、信用取引口座開設基準と信用取引ルールがあるので、事前にチェックをしなくてはなりません。自分が信用取引ができる基準に達しているのか、資格があるのか把握したうえで申込みしましょう。ネット上では、事前に審査可能か簡単にチェックできます。




基準をクリアして信用取引の資格を得る

信用取引の資格は、主に3つです。証券取引口座を既に開いているあるいは口座を開けられる状態あること、株取引など1年以上の経験があること、金融資産何百万円以上保有してるなどです。信用取引の会社は、自分たちが損をしないようにまとまった余裕のある資産で運用してくれる人に取引してほしいと考えています。 厳密には、各社ごとに基準が異なりますが、100万円以上の金融資産を持ち、株式取引の経験が1年以上であれば資格保有していると言っても差し支えありません。100万円以上と条件を出しているところでも70万円程度であれば、基準に満たしていると判断してくれるので、審査を受けてみましょう。他には常時連絡が取れる連絡先を明示しておくことです。